アロマオイル使い方

うそ!?加湿器にアロマオイルを入れてはいけない3つの理由と正しい使い方

こんにちは。
坂上ひろみ(@flandre_hiromi)です。

冬になって、乾燥が気になると使う加湿器。
できればいい香りと共に、部屋に拡散したいと思いますよね。

加湿器にアロマオイルを入れている人も多いと思います。

しかし、加湿器にアロマオイルを入れることは、実はNGな使い方です!

「え?毎日加湿器に入れているけど!」
「なんで加湿器に入れちゃいけないの?」
「どうやって使うのが正しい方法なの」
「加湿器にいれるオススメの香りは?」

こんな疑問があると思います。

今回は、なぜアロマオイルを加湿器に入れてはいけないのか?という理由と、加湿器に入れて香りを楽しむ正しい方法をご紹介します。

私も毎日じゃんじゃん加湿器にアロマオイルを入れていた人間です。
プロになって知った真実をお伝えします。



✔この記事の信頼性

内閣府に認定されている、公益社団法人日本アロマ環境協会。
その日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクターが私です。
アロマのプロです。

現在はアロマで独立し、フレグランス販売やサイト運営で暮らしています。
そんな私がお伝えします。


アロマオイルはプラスチックを劣化させる


アロマオイルの中には、プラスチックを溶かす性質をもったモノがあります。代表的なのが、オレンジ・スイート。

その性質を利用して、ある有名企業ではプラスチックを保存するために、精油を使っているほどです。

自宅でも簡単に実験ができます。
発泡スチロールにオレンジ・スイートの精油を垂らし、しばらく待つと…精油を垂らした箇所に穴が開いていることがわかります。



加湿器はほとんどがプラスチック製。そのため、そのプラスチックを溶かす恐れがあります。

「そんなこと言っても、溶けているのを見たことない」という人も多いでしょう。

確かに加湿器は固いプラスチックを使っているため、ドロドロに溶けるわけではありません。しかし劣化を早める原因となることは確かです。



アロマオイルは水分と相性が悪く、香りが変化しやすい

アロマオイルは、植物から採れるものなので、ある環境におかれることで劣化します。

酸化」は代表的な劣化の原因ですが、そのほかにも「日光の光」「湿度」などで劣化が起こります。

加湿器に入れることで起こるのが、水分が加わることで起こる「加水分解」です。

この成分変化が起こることで、香りがかなり変わります。
せっかく購入した精油も、水が加わり長時間たつことで、せっかくの本物の香りが失われることに。

もったいない使い方をしないように、別の使い方で香りを楽しみましょう。アロマオイルの使い方の例は下記の記事で詳しく解説しています。参考にしてください。

参考:【プロおすすめ】アロマオイルの使い方9選【簡単で今すぐできる】





アロマオイルを入れると汚れる

アロマオイルは粘度があるものや、酸化すると固まるものが多いです。そのため加湿器にいれると、加湿器がかなり汚れます。

毎日加湿器を掃除できるのであれば、問題はありません。

しかし疲れて会社から帰ってきた週初めの夜に、掃除ができるでしょうか?
家事がやっと終わってぐったりした夜に、「さぁ、掃除しよう」とはなりませんよね。

アロマオイル専用のアロマディフーザーでさえ、こまめな掃除が必要。なのに、加湿器ともなると水が使われているため、加湿器全体がアロマオイルで汚れることになります。

実際の私の経験ですが、加湿器に入れて使い続けたことによって、4~5年もつ加湿器が1年で汚くなりました。
冬場は毎日使う加湿器。洗っても汚れが落ちない場所が目立つようになり、結局1年で買い換えることになりました。

精油も加湿器も、結局はもったいない使い方をしていたことに、ここで初めて気が付いたのです。

加湿器で香りを楽しむための、正しい使い方

アロマオイルと加湿器の相性が悪いことはわかったとおもいます。
では加湿器に香りをつけて楽しむためにはどうしたらいいのでしょう?

芳香蒸留水を使う

答えは、「芳香蒸留水(フローラルウォーター)」を使うことです。

芳香蒸留水とは、精油を採るときにできる副産物。
わずかな精油もまじった水のことです。

加湿器に適している理由は以下の4つ

  • そもそもが水なので、汚れることがない
  • プラスチックを溶かすこともない
  • ほんのわずかに精油も交じっているため、香りを楽しむことができる
  • 加湿器に入れて何週間も置かない限りは、香りの変化もありません。

    (ただし芳香蒸留水を顔に使ったりする場合の期限は、短いので注意)

芳香蒸留水の売っている場所


「とはいってもどこで手に入るの?」
「見たことないんだけど」

という人もいると思います。

芳香蒸留水は、アロマ専門店で手に入ります。

雑貨店などで、加湿器専用の香りがする水が売っていることもありますが、余計な保存料が入っていることもあります。できればアロマ専門店で天然の芳香蒸留水を購入してください。

芳香蒸留水の種類は?

芳香蒸留水は基本的に、フローラル系が多いです。

  • ネロリ
  • ジャスミン
  • ローズ

が代表的です。

どこのブランドから買えばいいのか迷ったときは下記の記事を参考にしてください。アロマのプロがおすすめする中から、自分に合った本物のブランドを知る事ができます。

参考:アロマオイルの売ってる場所|プロが教えるおすすめ精油ショップ6選


加湿器に使うおすすめ芳香蒸留水


芳香蒸留水は種類が多いです。そこで今回はアロマのプロおすすめの芳香蒸留水(フローラルウォーター)をご紹介します。

水で薄めたりして調整できるので、是非参考にしてください。

無農薬ラベンダーウォーター


KENSOから出ているラベンダーウォーターがおすすめです。
KENSOはプラナロムというアロマのプロも使っている人が多いブランド。メディカルアロマとして有名で、成分分析のデータも公開している信頼できるブランドです。KENSOの精油はしっかり香るため、フローラルウォーターもしっかりと香りを楽しむことができます。
なんといっても無農薬という点が嬉しいポイント。
信頼のおけるしっかりとしたブランドで、本物の香りを楽しみながら冬の乾燥を乗り切りましょう。

参考:Amazonで無農薬ラベンダーウォーターを見る

プチプラブランドのブルガリアンローズウォーター

ローズウォーターは、芳香蒸留水の中でも最もメジャー。その中でも、ブルガリアンローズは特別な香りがします。

インセント」というブランドは、プチプラながら本格的な精油を提供するブランド。お試しで試してみたいという方にはおすすめです。

インセントについて詳しく知るには、下記の記事を参考にしてください。
参考:【アロマお買い物口コミ】インセントのアロマオイルの評判と品質


ローズは肌にも心にも最高の植物なので、加湿器だけでなく、お風呂に入れて楽しんだり、ふき取り化粧水としても使う事ができます。

精油だと高額ですが、芳香蒸留水だと手頃な価格で香りを楽しめます。

芳純なブルガリアンローズを自宅で楽しんでください。

参考:Amazonでインセントのブルガリアンローズウォーターをチェックする

ニールズヤードのオレンジフラワーウォーター


ニールズヤードは芳香蒸留水を使って保湿化粧水を販売しています。冬の乾燥が気になるお肌へ、オレンジフラワーの最高な香りと、アロエベラが配合された潤いをもたらす力を与えてくれます。
ニールズヤードのオレンジフラワーウォーターはコットンに染み込ませてふき取りとして使用できます。
イギリス本場のアロマブランドが贈る、オレンジフラワーの香りと共に、スキンケアを特別な時間にしましょう。

参考:Amazonでオレンジフラワーウォーターをチェックする

参考:ニールズヤード公式オンラインショップ




いかがでしたか?
今回は加湿器にアロマオイルを入れてはいけない3つの理由と、正しい使い方についてご紹介しました。

これで、加湿器の買い換える頻度も減り、せっかく購入した精油も変化させることなく、新鮮な香りを楽しむことができます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です