香水

【香水】2021年フエギア(FUEGUIA)福袋の中身は?

こんにちは。坂上ひろみ(@flandre_hiromi)です。

お正月の楽しみといえば、福袋。
ニッチフレグランスで有名な「フエギア」という香水ブランドから、今年も福袋が販売されました。

中身はどんなモノが入っているのでしょうか。

  • 「香水の福袋の中身はいくつ入っているの?」
  • 「どれくらいお得なの?」
  • 「満足感はどれくらい?」
  • 「今回、仕事で買えなかったから内容を知りたい」
  • 「来年の福袋の参考にしたい」

こんな意見や疑問がありますよね。

今回は、2021年のフエギア福袋の中身紹介をしたいと思います。

✔この記事の信頼性

内閣府に認定されている、公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクターです。アロマのプロです。

現在はアロマで独立し、フレグランス販売やサイト運営で暮らしています。

そんな私がお伝えします。


2021年フエギア福袋の中身はすごかった!


決済から10時間後に届いたフエギア福袋1つ目は、【ウッディ】、翌日に 【アンバー】が届きました。

「フエギアからの福袋お知らせから福袋購入」までの流れは、こちらの記事にまとめています。参考にしてください。

参考:【香水】2021年フエギア(FUEGUIA)福袋の販売内容と購入の流れ

ウッディの中身は?


楽しみにしていた福袋。興奮冷めやらぬ内に届きました。最初はウッディ。

出典:筆者撮影


開けてみると…

出典:筆者撮影
【フレグランス3種】
Beagle(2-17) プーラ8㎖
Darwin(IV-XVI) プーラ8㎖
Caoba(1-16) パフューム30㎖


【サンプル5種】
Rin(I-XX)
Beagle(II-XVII)
La Joven Noche(I-XVIII)
Ett Hem(II-XVII)
Endeavour(I-XVIII)

なんとプーラが2つも入っていました!

出典:筆者撮影


そしてパフュームも15㎖ではなく30㎖が入っているという結果にびっくりです。

プーラとは?
フエギアが出すプーラとは、「香りが広がらない香水」です。パーソナルスペースのみに香るその新しい概念について、詳しくは下記の記事を参考にしてください。
参考:香りが広がらない香水?フエギアプーラの魅力に迫る


福袋購入者の間でも、「フエギア本当に大丈夫?」「お得すぎる!」という声があがっていました。
従来からのフエギアファン、そして今回がフエギア初めてという方の中でとても盛り上がっていました。

入っていた香水をそれぞれ解説します。


・Beagle

出典:筆者撮影

デスティーノスという南米大陸特有の複雑な風土の魅力を表現するコレクションの中にあるBeagle。メインファミリーはウッド、セカンドファミリーはアロマティックに分類されます。

内容はオークウッド・ラム・ガンパウダーといった、どこか煙たくかっこよくて、渋い大人の雰囲気が出る香り。

・Darwin

出典:筆者撮影

偉大なる人物に思いを馳せるコレクション。メインファミリーはウッド、セカンドファミリーはグレープフルーツに分類されます。
内容は探検線ビーグル号を思わせるシダーウッド・ベチバー、海風を感じさせるグレープフルーツといった、爽やかだけどウッドの切れ味の良さも感じる香り。

・Caoba

出典:筆者撮影

カール・フォン・リンネ(植物学者・生物学者・分類学の父)に捧げるリンネコレクションの中にあるCaoba。メインファミリーはウッド、セカンドファミリーがグルマンに分類されます。

パチュリ・ローズ・アンバーといった、甘味や華やかさを感じながらも、しっかりとウッディの渋みと深さがある香り。

これは、本当に倒れそうになるほど甘美な香りでした。


アロマを深く学ぶと出てくるあのリンネに馳せるコレクションがあることも、とても感慨深く、植物への愛を感じます。







アンバーの中身は?


福袋販売開始10分後に購入したアンバー。2日後の午前中に到着しました。

出典:筆者撮影


中身は…

出典:筆者撮影
【フレグランス3種】
Ballena de la pampa(I-XX) パルファム15㎖
Ambar de los ANDES(II-XVI) プーラ8㎖
DUNAS de un CUEPRO(II-XVII) パルファムなんと100㎖!!


【サンプル5種】
Ballena de la pampa(I-XX)
Alhanbra(II-XVIII)
Aguila de Ambar(II-XIX)
Ambar de los ANDES(I-XX)
DUNAS de un CUEPRO(II-XVII)


いいんですか…100㎖のボトルが入っているなんて!ここでもまた極上のため息がでました。


香りをそれぞれ説明していきます。


・Ballena de la pampa

出典:筆者撮影

南米の動物たちの在り方から連想されたファビュラファウナコレクションの中にあるBallena de la pampa。ヘイ・タバコ・アンバーといった香りで、湿地帯にいるクジラをイメージしています。

「草木」や「くじら」といった自然界の力強さと共に香る煙の香りは、まとめるのが難しそうなのに妙にマッチしていて中毒性があります。

草木の青みを感じながらも、煙たいアンバーがグッときます。

・Ambar de los ANDES

出典:筆者撮影

南米特有の風土をイメージしたDESTINOSコレクションの中にあるAmbar de los ANDES。セカンドファミリーはウォータリーです。その理由は香水名に。

アンデス山脈の雪が解けるみずみずしい透明感と、山奥に開かれた秘密の洞窟にある深みのある木々の物語。この雪解けのみずみずしさがウォータリーにつながっています。

使われている香料を見てびっくり。ジャスミンから始まり、サンダルウッドがやってきてウードが美しい余韻を残していく。
ため息ものです。
こんな高価な香料を惜しげもなく使い、だけど重苦しくないという素晴らしい出来。香料だけ聞くと、とても重そうなのに、透明感を出して仕上げるのはさすがです。

・DUNAS de un CUEPRO

出典:筆者撮影

「肉体の砂丘」という名前が付いた、とてもセクシーでエキゾチックな中東らしい香り。琥珀色の色味がとても綺麗です。なぜかこのセクシーを表現する香りは、作家や芸術作品からインスパイアされた「Literaturaコレクション」から出ているものになります。この理由は何なのか?皆さんはどう思いますか?

ファミリーはアンバー、セカンドファミリーはウードです。
サンダルウッド・フランキンセンス・ウードといった、とてもかっこいい香料を使っていますが、アンバーのファミリーなだけあって、甘さよりで仕上げてあります。
どこか懐かしいのはウードとサンダルウッドのおかげでしょう。日本人にとってはセクシーさよりも、落ち着く深みと静けさを感じます。

他の福袋の中身は?


最も気になる、フエギア全体の福袋の中身はどうだったのでしょうか?

フォロワー様の「開封の儀」を覚えている限りまとめます。
香水名の明記は、引用にあたるため避けさせていただきます。

来年の参考に、本数やボトルの種類の参考にしていただければと思います。


フエギア福袋の中身の「平均商品数」を出そうと思ったのですが、わりとバラバラでした。
全体的にプーラが入っているものが多く、皆さんかなり喜んでいました。

「当たり」商品でいえば、プーラが2つや、商品4個などでしょう。

でも、一番の「当たり」は好みの香り欲しかった香水が入っていることですね。


フローラルを購入した方の中にはパルファンスキンサニタイザーの2つだけという方もいました。「はずれ?」と不安になったようですが、させ解説します。

とにかく、落ち込まないでほしいです。

フローラルの香料が高い理由


フローラルの福袋の中身が少なかった理由は、「香料の希少性」と「収油率」に関係があります(フローラル以外でも、品数が少ないものもありましたが、今回は特に高価なフローラル香料の説明をします)。

香料の中でも、合成香料より天然香料(精油)が特に高く、その中でも「フローラルは得に高値で取引」される種類です。

フローラルの香料が高いのは、まず人手が必要なこと。花を育てるのも大変、収穫するのもラベンダーなど機械ではなく人が手で夜明けから収穫します。太陽が昇ってしまい気温が上がると香りが飛んでしまうためです。


そうして採られた花は、さらに蒸留しても収油率が低いため、希少価値が高く、香料の中でも高いというわけです。

イリス、ローズ、ジャスミンの天然香料は得に高価です。

例えば、Aguila de Ambarや、Alhanbraは、アンバーのファミリーですが、ローズが加わっていて、100㎖約75,000円と急に値段が上がります。


フエギアは特に天然香料にこだわり、栽培と研究をして調香・ボトリングまで全て自社で行うブランド。だからこそ、フラワーが高価になるのは当たり前。

今後もフラワーはボトルの数や内容があれ?となることもあるかもしれません。たとえ本数が少なくても、それほど高い香料を使っている場合が多く、中身は他のものと同じ価値だということを覚えておくと良いでしょう。

落ち込まずに、他にはない高価な香りを楽しんでもらえたらと思います!

2021年フエギア福袋中身の満足度


大満足です。洋服の福袋や雑貨の福袋を買うよりも、当たりが多く満足度も高い結果でした。本当に良いの?という気持ちがずっとあります。

・どれが良いのか選べない
・お得に買い物したい
・フエギアデビューしたい


という方向きです。

フエギア福袋の中身はお得?

例えば、Ambar de los ANDESは、プーラの販売価格が現在32,000円、100㎖ボトルは40,000円もするほど、フエギアの中でも得に高価なボトルです。

ですが今回は22,000円の福袋の中に入っていました。

1つを取っても、お得なことがわかります。

他の種類もプーラが入っていることで、既に福袋の代金に到達しています。

フエギア福袋中身のメリットデメリット

メリット

  • とにかくお得な内容でビックリだった
  • ファミリーで香りを選べるため、好きな分類の香りが買える
  • 寒い時期に店頭に並ばなくてもいい
  • 決済から商品到着がとにかく早い(1つ目は10時間後)
  • 三個だけでなく、お試しサイズも5個入っている

デメリット

  • やはり福袋のため、自分の持っているものと被る可能性はある
  • サンプルが5種も入っていることで、また欲しいものが増える(これぞ沼)

来年もフエギア福袋をお楽しみに!

このような形で、2021年のフエギア福袋は幕を閉じました。

2020年は大変な年でした。環境の変化で我慢も多かった年が過ぎ、新たな区切りのスタート。

自宅でワクワクしながら開封した時間も特別なもの。

フエギアという香りの魔法が少しでも笑顔と安らぎを作れたら、買った甲斐がありますね。

今年もたくさんの香りに囲まれて、自分らしい毎日を過ごしましょう。

本年もよろしくお願い致します。